きゅログ
 

春のお茶会。

2015-04-13| テーマ きゅログ, すきなこと |

 

春の青空の日曜日、私のお茶の先生がお席持ちをされるお茶会があり、
私も、お点前をさせていただきました。

今回のお席のテーマは、「平和」と「さくら」。

当日は写真を撮る余裕がなく、写真でご紹介できないのが残念なのですが、
床の間に飾られた掛け軸やお花、香合、釜、そしてもちろん、
茶碗や茶杓、お菓子など、茶室の中の要素の一つひとつに
亭主である先生の平和への思いや、季節感を反映した美意識が
込められていました。

お茶会でお客様たちは、正客と亭主が繰り広げる問答を通じて、
お道具が選ばれた意図を知るだけではなく、自らの五感をフル活用して、
亭主の「おもてなし」を読み取ります。

舞い散る桜の花びらの美しさを楽しめるのは、
私たちが、いま、平和な世の中に暮らしている証。

今年は、終戦から70年を迎える節目の年だからこそ、
選ばれたテーマだそうです。

・・・
利休が茶の湯の心得を百首にまとめた「利休百首」の一つに
以下のものがあります。

「茶の湯とは ただ湯をわかし 茶を点てて のむばかりなる 事と知るべし」

茶道というと、敷居が高いイメージを持たれることもありますが、
私は、その根本にあるものは、実は、非常にシンプルなものではないかと
捉えています。

形式にこだわり過ぎると、心が伝わらないし、
形式を無視すると、無作法になる。

その微妙なさじ加減の中で、移りゆく季節や美意識が
茶室という空間に反映されるのではないでしょうか。

・・・

平塚茶道協会 茶会
2015年4月12日(日) 於 光円寺 庫裏席

<会記>
床: 「不動干戈致太平」(ふどうかんかたいへいにいたす) 巨海(大徳寺 349世)
※武器を動かさなければ平和に到る、の意。

花入: 紫青銅 長壺 山口浄雄 造
花: 白雪芥子
香合: 琵琶 眞清水蔵六 造

釜: 桜川地文 佐藤浄清
炉縁: 鎌倉 四方斎在判 博古堂 造

棚: 自在 宗白好
水壺: 一重口 清水六兵衛 造
薄茶盛: 輪島 富士ヶ峯 四方斎在判 松寛 造

茶碗: 青井戸脇
替: 黒楽(円相)
替: 嵐山

茶杓: 祈り 牧雲(南禅寺)
蓋置: 薩摩 千切 沈寿官
建水: 備前

御茶: 金輪 小山園 詰
御菓子: ひとひら 菊毬製


 

3時のおやつは・・・。

2015-04-10| テーマ きゅログ, 美味しいもの |

 

カステラ1番、
電話は2番、
3時のおやつは・・・、

という、おなじみのメロディが浮かびそうな
かわいいおやつを発見しました。

その名も「おやつカステラ」。
食べきりの2切れ入りというのがうれしいです。

文明堂さんの「おやつカステラ」特集ページでは、懐かしCMが配信されています。

そして、「文明堂豆劇場」に登場するあのキャラクターが、実はクマだったという事実を知りました!
私は、子どもの頃から、ずーっとネコだと思っていました・・・。

⇒おやつカステラ特集ページ


 

恵比寿のうどん屋さん。

2015-04-09| テーマ きゅログ, 美味しいもの |

 

今日は、午前中お休みをいただいて、1年ぶりに胃カメラ検査を受けてきました。

昨年、少し体調を崩した際に検査した項目のフォローアップだったのですが、幸いにも問題がないことがわかり、ほっとしています。

1年前に初めて胃カメラを飲んだトラウマがあったので、前日から気が重かったのですが、経験から学んだ教訓「ごっくんと唾を飲みこまないこと」を守り、何とか検査を終えました。

・・・

前日の夕食は、消化の良いものを早めにとる必要があったので、打ち合わせの帰りに通った恵比寿のうどん屋さんへ。

モダンな和のテイストの店内は、女性が一人でも入りやすい雰囲気で、美味しいうどんを出してくれそうな気配があちらこちらに。

お店のオススメ、かつ、胃に優しそうな「湯葉とたたき梅の豆乳うどん」をいただきました。

予想通り、おだしも、麺も美味しくて、おつゆまで完食!
東京に冬が戻ってきた寒い日だったので、温かなおうどんで少し気分が明るくなり、帰途につきました。

うどん 山長(やまちょう)
東京都渋谷区恵比寿1-1-5 恵比寿オークビル1F
(恵比寿駅 東口徒歩約3分)