きゅログ
 

京都グルメ(丸太町・十二段家)

2012-04-29| テーマ きゅログ, 旅のこと, 美味しいもの |

 

美味しいお店は、その味を、お店全体の雰囲気が発している場合があります。

丸太町・十二段家さんは、昼間観光をしていて、たまたま通りかかった際に
お店の佇まいが気になって気になって、夜、飛び込みで伺いました。

丸太町・十二段家

何の知識もなく行ってしまったのですが、お茶漬けで有名なお店だったようです。

丸太町・十二段家

お漬物も非常に美味しかったのですが、セットで出てくる
出し巻き卵や、季節の一品も、おだしが効いて非常に美味しい!
京都の味覚を満喫できます。

丸太町・十二段家
お茶漬けだけでは・・と、一緒に行った父は、
近江牛ステーキをオーダー。

みんなでシェアしていただきましたが、絶品でした。
お肉は、数に限りがあるらしく、
「今日はこれでおしまい」
とのこと。

丸太町・十二段家

お茶漬けの食べ方は、お店の方が丁寧に教えてくれます。

 

偶然見つけた美味しいお店との出会いは、うれしいものです。

次回、京都に行ったら、絶対に行きたいお店です。

 

・・・

丸太町・十二段家
http://www.m-jyunidanya.com/

京都市中京区丸太町通烏丸西入
電話:075-211-5884
営業時間:お昼/11時30分から2時30分 夜/5時から8時
定休日:毎週水曜日

 


 

京都旅行記(祇園その2)

2012-04-24| テーマ きゅログ, 旅のこと, 美味しいもの |

 

敷居の高いイメージのある祇園は、なかなか足を踏み入れられないのですが、
ランチなら、私でも気軽に行けそう!ということで、豆すしが名物という豆寅さんへ。

豆寅

同じような路地が多くて、迷いながら、やっと到着。

店内の奥には、坪庭があり、京都らしい奥行きのある木造家屋の建築の妙を
随所に味わえます。

ランチの「豆すし膳」(3,800円)は、先付・向・揚げ物・寿司・汁・甘味が
セットになっています。

豆寅

 先付。

豆寅

鯛の薄造り。ネギと、もみじおろし、山芋、レモンでいただきました。


豆寅

揚げ物。

 

そして名物の豆すし!

舞妓さんや芸者さんが一口で食べられるよう考案されたという、
小さなおすし。

蓋を開けた瞬間、あまりのかわいらしさに、テンションが上がります!

豆寅

 

上の列:(左から)鯛の昆布〆、さば、蕪の漬物、鮪ヅケ、(?忘れました)

中央の列:お稲荷さん、海老、壬生菜、たまご、サーモン

手前の列:昆布の佃煮、うなぎ、ミョウガ、イカ、ガリ

 

豆寅

椿の花を見立てたサーモン。

季節によっても素材や、飾り付けが異なるようです。

 

豆寅

最後にデザートの抹茶アイス。

 

美しく飾られた豆すしは、食べるのがもったいなくて、
しばらく観賞しながら、ゆっくりいただくのが、また楽しく感じられました。

全てのおすしに味がついているので、お醤油をつけず、
そのままいただきます。

お醤油をつけないおすし・・・というだけでも新鮮ですが、
それぞれの素材の味が生かされていて、本当に美味しいです。

私は、特に野菜を使ったおすしが気に入りました。

そして、意外とお腹いっぱいになります!

・・・

汁る椀豆寅 祇園店
京都市東山区祇園町南側570-127
Tel.075-532-3955


 

京都旅行記(祇園その1)

2012-04-23| テーマ きゅログ, 旅のこと |

 

伝統ある独特の雰囲気が漂う祇園。

知恩

歩いているだけで、タイムスリップしたような気持ちになります。

祇園

よくお世話になる某配送業者さんも、景観を崩さないよう
馴染んでいました!

祇園

 遊び心があって、いいですね。